新商品!人気の抱っこひもを詳しく紹介

エルゴベビー、ベビービョルン、コンビなど人気抱っこひもの口コミや特長を紹介します。

グレコ ルーポップゼロ CTS 口コミ・特長:抱っこひもがベビーカーとドッキング!外出がもっと手軽にスムーズに

      2016/03/26

ママと赤ちゃんの外出で必需品と言えば、抱っこひもとベビーカーですが、ベビーカーに乗せた赤ちゃんがぐずると、慌ててしまいますよね。

もっとスムーズに乗せ替え出来れば良いのに・・・一度はこんな思いをしたママも多いのではないでしょうか。

『バスや電車での移動が多い』
『もっとスムーズに外出したい』

こんなママにおすすめしたいのが、グレコ ルーポップゼロ CTSです。

ルーポップゼロ CTSは、2015年8月下旬に発売されたキャリートラベルシステム対応の抱っこひも。

グレコのベビーカー『シティネクスト』にドッキング出来るから、移動が多いママの外出をもっとスムーズに、より快適にサポートしてくれます。

機能・特長

キャリートラベルシステム対応

ルーポップゼロCTSは、ベビーカーとドッキング出来る抱っこひも。あっと言う間に、抱っこひもからベビーカーへ、ベビーカーから抱っこひもへと乗せ替えが出来るから、バスや電車での移動が多くても安心です。※シティネクストのみドッキング可能です。

ロングユースが可能

生後14日以降(体重3.5kg以上)から、36ヶ月頃(体重15kg)まで長く使う事が出来ます。途中で買い換える必要が無いのは嬉しいですね。

寝かしつけに便利なおくるみインサート

寝かしつけに便利なおくるみインサートが付属しています。おくるみインサートは単体でも使用可能で、赤ちゃんが眠った後は抱っこひもから取り出しそのまま寝かせる事が出来ます。

5つの抱っこスタイルが選べる

おくるみインサート単体・首すわり前縦抱っこ・縦対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶの5通りの抱っこスタイルが可能。成長や状態に合わせた抱っこが出来るから、赤ちゃんも快適です。

※おくるみインサート単体使用・首すわり前縦抱っこ(生後14日から1ヶ月未満まで)・縦抱っこ(24ヶ月〜36ヶ月まで)の使用はSGマーク制度対象外となります。

ママを笑顔にする安全対策と充実機能

ルーポップゼロCTSは、従来の2倍メッシュ素材が採用され、通気性が147%UP!一年中快適に抱っこ出来るから、ママも赤ちゃんもストレスフリー!

サポートハーネスが付いているから、ママ1人でのおんぶも安心。日よけにもなるお休みカーテンや、コンパクトに畳める等、機能が充実しています。

口コミ・感想

良い口コミは、本体が軽い、通気性が良い、おくるみインサートが便利、新生児から使える等の声が多いようです。悪い口コミはほとんど上がっていませんが、何点か気になる点を挙げておきます。

グレコ ルーポップゼロCTSは、キャリートラベルシステム対応の抱っこひも。

既にベビーカーを持っている場合、他社の物でもCTS対応のベビーカーなら装着出来る事があるようです。購入の前に実際に店頭で装着出来るか、確認しておきましょう。

■良い点

・他社の抱っこひもと迷ったのですが、店頭で実際に試着してみて装着の簡単さや本体の軽さ、おくるみインサートに惹かれ購入しました。キャリートラベルシステム対応なのでベビーカーとドッキング出来るのも魅力です!
・キャリートラベルシステムの抱っこひもとベビーカーが欲しくて、色々検討しました。結果、ベビーカーは他社の物を購入しましたが、抱っこひもは実際に店頭で装着出来るのを確認してから、ルーポップゼロCTSを購入しました。本来は同じメーカーの物が良いと思いますが、こちらの方がフィット感があり、乳児を縦抱っこ出来るので互換性があって良かったです。
・最初からおくるみインサートが付属しているので、新生児期から使え、軽量な所が気に入っています。
・暑い季節に備えて、メッシュ素材で軽い物を探し、実際に店頭で試着してからルーポップゼロCTSを購入しました。まだ産まれていないのでこれから使うのが楽しみです。
・色々条件を検討して悩んだ末に、通気性が良い、本体が軽い等が決め手で購入しました。これからどんどん使いたいと思います。
・夫婦そろって暑がりなので、夏場に抱っこひもを使うともっと暑くなるだろうと思い、通気性の良い物を探していました。メッシュ素材が決め手でルーポップゼロCTSを選びましたが、思っていたよりも本体が軽いのでこれから使うのが楽しみです。
・他社のキャリートラベルシステムと迷いましたが、検討した結果、コストパフォーマンスが高いルーポップゼロCTSに。使うのは少し先ですが、これから外出が楽しみです。
・最初から使えるインサートが付いているので、すぐに使う事が出来ました。コストパフォーマンスが高いし、通気性も良く、赤ちゃんも快適そうです。買って良かった!

■気になる点

・背中のバックルが止めにくい

首すわり前縦抱っこ・縦対面抱っこ・前向き抱っこをする場合、背中でバックルを留める必要があります。その為、身体の硬い人は、バックルを留めにくい事があるようです。

・色のチョイスが少ない

グレコ ルーポップゼロCTSは、ラップドット、ブラウンドット、シャボンディドットの3色のみ。どんなファッションにも合わせやすい落ち着いたカラーですが、カラフルな物も欲しいとの声も。

・おくるみインサートの匂いがきつい事がある

購入したすぐの場合、おくるみインサートの匂いが気になる事があるようです。気になる場合は、天日干しをするようにしましょう。

 
⇒ グレコ ルーポップゼロCTS 口コミをもっと見る<楽天市場>

スペック・オプション品

対象年齢:生後14日以降(3.5kg以上)〜36ヶ月頃(体重15kgまで)
おくるみインサート(単体)体重2.5kg〜首座り(体重7kgまで)
サイズ:ウエストサイズ 74cm〜118cm(男女兼用)
素材:(本体・おくるみインサート・座部クッション) ポリエステル
カラー:全3色

 
オプション品には、以下の商品があります。

グレコ シティネクスト

シティネクストは、『キャリートラベルシステム』対応のベビーカー。ルーポップゼロCTSとドッキング出来るから、外出がぐっとスムーズになります。幅53cmのスリムボディに、買い物カゴが積める程大容量収納が魅力。
 

グレコ ルーポップゼロ CTSについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

抱っこひももベビーカーも外出には必需品ですが、両方持ち歩くとかさばるし、乗せ替えが大変ですよね。

ルーポップゼロCTSは、キャリートラベルシステム対応の抱っこひも。ベビーカーとドッキング出来るから、ベビーカーから抱っこひも、抱っこひもからベビーカーへの乗せ替えが簡単に出来ます。

本体の重さが560gと軽量なのも魅力。

もっと外出をスムーズに手軽にしたいと思ったら、ルーポップゼロCTSをチェックしてみて下さいね。

楽天 ⇒ グレコ ルーポップゼロ CTS 最新価格一覧

Amazon ⇒ GRACO ルーポップゼロ CTS 最新価格を見る

 
 
 

 - グレコ, ルーポップゼロ CTS , , ,