新商品!人気の抱っこひもを詳しく紹介

エルゴベビー、ベビービョルン、コンビなど人気抱っこひもの口コミや特長を紹介します。

ミアミリー ヒップスター プラス 口コミ・感想:最大9通りの使い方が出来る?!スイス生まれの次世代3Dベビーキャリー

   

赤ちゃんが一番安心するのはママの優しい抱っこですよね。

下ろすと泣く為、一日中抱っこしているなんてママもいる程、赤ちゃんはママの抱っこが大好きです。

ですが、赤ちゃんはどんどん大きくなる為、長時間の抱っこはママの身体に負担が掛かり『育児腰痛』の原因になる事も。

出来るだけ楽に、身体に負担の掛からない抱っこをしたいものです。

『もっと楽に抱っこをしたい』
『最近腰が痛い』

こんなママにおすすめしたいのが、次世代3Dベビーキャリー、ミアミリー ヒップスター プラスです。

ヒップスター プラスは、ベビーキャリーと3Dヒップベースがドッキングした新しい形の抱っこひも。

人間工学に基づいて作られているから、ママと赤ちゃんの身体に優しく、毎日の抱っこをもっと楽にサポートしてくれます。

特徴・機能

①自然な抱っこが出来る次世代3Dベビーキャリー

3Dヒップベースにベビーキャリーがドッキング!赤ちゃんをヒップベースに乗せる事で、足とお尻を適切なポジションに保ち、関節の変形を防止。幅広の腰ベルトと肩ベルトで加重を全体に分散するから、ママがまっすぐな姿勢を保ちやすくなっています。

②6way+3wayスタイル

単体で6つの抱っこスタイルが選べます。ダブルショルダーを使った対面抱っこ・外向き抱っこ・おんぶ、ヒップベースのみの対面抱っこ・外向き抱っこ・腰抱き。別売りのシングルショルダーを使えば更に3通り、最大9通りの抱っこスタイルが選べます。

③季節に合わせて臨機応変に使える

背中の部分が独自の2重構造になっており取り外し可能です。暑い季節はメッシュに、寒い季節は暖かく包み込んでくれるから一年中快適です。

④生後4ヶ月頃からのロングユースが可能

生後4ヶ月頃から4歳頃(体重20kg)まで長く使う事が出来ます。別売りのインファントインサートを使う事で、新生児からの抱っこも可能。臨機応変に使えるから、抱っこひもはこれ1つでOK!

⑤たっぷり収納出来るポケット

たっぷり小物が収納出来る大きなポケットを採用。オムツや哺乳瓶、財布等も入るから、ちょっとした外出なら抱っこひもがあればOK。スマートフォン用のサイドポケットが付いているのも嬉しいですね。

口コミ・感想

良い口コミは、安定感がある、肩と腰が楽、快適そう等の声が多いようです。悪い口コミは、マジックテープの着脱音が大きい、期間によってはインファントインサートの使用が必要等の声が多いようでした。

ヒップスター プラスは、赤ちゃんが生後4ヶ月以上・体重が4.1kg以上・首が据わってからの使用となっています。この3つの条件を満たさない場合は、インファントインサートを使用するようにしましょう。

■良い点

・ミアミリーの抱っこひもは以前の物からチェックしていました。日本に上陸して製品化されたので高くなりましたが、信頼性が上がりました。購入して満足しています。おすすめ!
・抱っこしていても肩が疲れませんし、長時間の抱っこもわりと楽です。激しく動いても赤ちゃんが安定しており、小物が収納出来て便利です。価格は高いですが、その価値はあります。
・店頭で試着してみてフィット感が凄く気に入ったのですが、価格が高いので似た安い物を購入した所、結局気に入らず返品して改めてこちらを購入しました。ヒップスターは作りもしっかりしており、ポケットの開け閉めもスムーズ。向かい合わせに抱っこしていても圧迫感もなく、子供も楽そうです。
・品質やホールド感、身体への負担等色々検討した末に購入しました。カラーも落ち着いており、ファッションにも合わせやすいです。インファントインサートを使用して新生児から使用していますが、最初からぐっすり眠って起きない程快適なようです。
・大柄なパパ(184cm)と小柄な私(154cm)で使用していますが、どちらにもピッタリフィットします。価格は高いですが、使い心地や安全性を考えると断然良いと思います。
・他社の腰ベルトのない抱っこひもを使用していましたが、子供が大きくなり重くなってきたので腰ベルトのある物を探し、こちらを購入しました。調節も簡単で安定感があります。夫(170cm)の夫は4時間抱っこしていてもまったく疲れないようです。私も随分肩が楽になりました。
・孫の為に購入しました。実際に使用してみましたが、長時間抱っこしていても疲れにくく肩や腰への負担が少ないのでこちらを選んで正解でした。
・色々抱っこひもを探し、悩んでいる時にこちらを見つけ即購入を決めました。使い方もシンプルで使いやすいし、ヒップベースがあるので子供も楽だと思います。まだ小さいのでもう少し大きくなってから使う予定ですが、試しに乗せてみるととても楽で良い感じです。家の中ならヒップベースだけで使えるのも便利です。

■悪い点

・腰ベルトをしっかり留めないと、腹部に負担が掛かります。帝王切開の人は注意が必要かもしれません。
・マジックテープの着脱音が大きいので、眠っている赤ちゃんを起こす事があります。外す時は少し離れた場所で外す必要があります。
・腰ベルトのマジックテープがしっかりしていて、外す時にかなり大きな音がします。
・3ヶ月だけど首が据わっているので、インファントインサートなしで使用してみましたが、姿勢が悪いのか子供は大泣きします。不精をせず、インファントインサートの使用期間を守った方が良いようです。

 
⇒ ミアミリー ヒップスター プラス 口コミをもっと見る<楽天市場>

スペック・オプション品

対象年齢:生後4ヶ月頃~4歳頃(体重20kg)まで
素材:(ベビーキャリア本体 内生地・外生地)ポリエステル 100%
カラー:全3色
※ティージングパッド、ヘッドカバー、キャリングバッグは標準で付属しています。

 
オプション品には、以下の商品があります。

赤ちゃんのよだれで汚れやすい肩ベルトや背もたれ部分をカバーしたいなら、フロントドロールパッド 専用よだれカバーがおすすめです。清潔で安全だから赤ちゃんが舐めても安心です。

⇒ フロントドロールパッド 専用よだれカバーを見る<楽天市場>
 

ミアミリー ヒップスター プラスについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

多機能な抱っこひもは装着が複雑な物が多く、結局お蔵入りしてしまうママも多いようです。

ヒップスター プラスは、簡単シンプルな装着で最大9通りの抱っこが可能な次世代3Dベビーキャリー。

ヒップベースのみの使用も出来るから、臨機応変に使えます。

ベルトの全長は130cm、小柄なママから大柄なパパまでピッタリフィット!

インファントインサートを使えば新生児から使えるのも嬉しいですね。

ママと赤ちゃんが快適な抱っこをしたいと思ったら、ヒップスター プラスをチェックしてみて下さいね。

楽天 ⇒ ミアミリー ヒップスター プラス 最新価格一覧
 
 
 

 - ミアミリー, ヒップスター プラス